« orca パッチ後の受付トラブル | トップページ | 皮膚科専用カメラ Casio DZ-D100 購入 »

2019年7月 2日 (火)

orca パッチ後の受付トラブル〜原因

土曜日の orca パッチ後のトラブルであるが,原因は api のアップデートであった。

□対応範囲:API
□管理番号:request20181010-001
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ORCA APIを使い受付一覧を取得する機能がありますが,ORCA上で受付順変更を行っても,
 APIで返されるXMLには新しい順番の情報は無く,
 [Acceptlst_Information_child]の出力順も,もともとの順番と変わりがありません.
 受付変更の結果をなんらかの形で取得できるようにして下さい.
□対応内容
 API受付一覧(/api01rv2/acceptlstv2)にて受付順変更を反映するようにしました。
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:request20181121-001 request20190115-001
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ・「患者基本情報の取得(patientgetv2)」で取得できる割引、状態、入金
 方法等について、「API患者登録(patientmodv2)」で登録できるようにしてほしい
 ・「API患者登録(patientmodv2)」で登録できる保険の資格取得日を
 「患者基本情報の取得(patientgetv2)」で取得できるようにしてほしい
 患者基本情報API(/api01rv2/patientgetv2)で、公費単独の保険確認日
 を取得できるようにしてほしい。
□対応内容
 API患者情報取得(/api01rv2/patientgetv2)の返却に保険の資格取得日、公費の確認日を追加しました。
 API患者保険組合せ取得(/api01rv2/patientlst6v2)の返却に公費の確認日を追加しました。
 API患者情報一括取得(/orca51/patientbasisallv3)の返却に公費の確認日を追加しました。
 API患者登録(/orca12/patientmodev2)に減免事由、割引率、入金方法を追加しました。

公費がある場合,api で返ってくる json property に追加があったため,dolphin 側で受付時に公費情報を取りに行ったタイミングで,jackson がデシリアライズに失敗して exception を吐いていた。

dolphin サーバの open.dolphin.orca パッケージを修正して,さらに,unknown property があっても jackson が無視するように設定した。これで今後知らないうちに property が追加されることがあったとしても止まらないで済むはず。

mapper.disable(DeserializationFeature.FAIL_ON_UNKNOWN_PROPERTIES);

ちなみに,/orca51/patientbasisallv3 というのは現状非公開の拡張 api とのこと (by サポート)。また,patientmodev2 は patientmodv2 の間違いと考えられる。

« orca パッチ後の受付トラブル | トップページ | 皮膚科専用カメラ Casio DZ-D100 購入 »

OpenDolphin」カテゴリの記事